unoh.github.com

バグのステータス

2006-06-15 13:08:48 +0000

こんにちは! テスト番長のやまもとです。

皆さんはこんな話を聞いたことありませんか??
イヌイットの人々の言葉には雪を表す語幹が20種類以上あるそうです。雪の多い土地で生活しているからだとか。それならばQAエンジニアはバグを表す言葉を沢山持たなければいけませんね。バグの多いところで生活していますから。(強引?)

バグには様々な「ステータス」があります。
僕が使える!と思っている「ステータス」を列挙してみます。(ネタ元は色々。。)
全てを表すには複数のパラメータを組み合わせて表現されるべきですが、進捗と結果に限って見てみましょう!

NEW       報告されたばかりの新しいバグで、まだ確認されていない。
FEEDBACK   検証する為の追加情報が必要。
CONFIRMED  再現することが確認され、正式にバグと認められた。
ASSIGNED   誰が修正を担当するか割り当てられた。
RESOLVED   バグは修正されて確認待ちになった。
REOPENED   バグが再発した。
SUSPENDED  何らかの理由により保留となっている。

続けて結果のステータスです。

VERIFIED    バグが解決されていることを確認した。
NOT FIXABLE 解決方法がないので直すことが出来ない。
INVALID     この問題はバグではない。
WONTFIX    あえて修正しないことにした。
DUPLICATE  他の報告と重複している。

こうしてみると結構ありますよね?
BTS上で記録を取りながら、これらを駆使してバグを追いかけましょう。
そして後で統計を取ると面白いものが見えてきます。

その話はまたの機会に。