unoh.github.com

未熟なバイトが開発合宿で得たもの

2007-03-22 15:49:15 +0000

はじめまして。先月からアルバイトとして働いているmatsumotoです。

今月初め(3月2日~4日)に実施した開発合宿のお話をさせていただきます。
これから開発合宿を検討されている方の参考になれば幸いです。

まず、参加したのはアルバイトを含む13人。合宿の舞台は晴海グランドホテル。

初めにブレストを行い何を作るか確認する。ということをしました。不肖ながら私が司会進行をつめさせていただきました。

作ろうとしている物の発表をし、皆でアイデアを出し合い色々発展させていきました。それを通してその人はどういう人なのかを改めて再認識させられる事もしばしば・・・

さらに普段の会議などにはない気軽な雰囲気も助け皆口々に意見が飛び交います。集団の中で意見を言う大事さを実感しました。

また司会をさせていただくことによって会議を進めていくということの難しさ。というのも知ることが出来ました。

普段の会議で話を聞く側にいらっしゃる方は開発合宿でブレストをするとき是非司会進行を立候補してみるのがいいと思います。

会議をしている立場の人の大変さも実感できます。相手の意見を聞きだしたり話をうまく切り返し、途切れさせずにするのはとても難しい!

他にも普段は違うプロジェクトの方とお話しする機会がありました。すると、その人とすごく気が合うことに気づきました。今ではゲームセンターに一緒に遊びに行く仲です。思いがけない出会いに感謝です。

私はウノウに入ってまだ日は浅いのですが開発合宿によって皆さんとの間の距離を少し縮めることができたんじゃないのかな?と感じています。合宿以来たしかに会社の中での自分の立ち位置が変わったと思います。もちろんいい意味で。

最後に今回の合宿で作成した物のスクリーンショットを何枚か頂いたので軽い説明と共にご紹介させていただきます。

komagataFOAFのウィジェット

komagata_camp200703
komagata_camp200703 posted by (C)フォト蔵

Hatenaやmixiのプロフィールを吸い出して表示するBlogパーツです。自分の友達が表示されどんどん友達を辿っていける感じです。Blogでmixi感覚を味わえそうですね。

現在は適応できるサービスに限りがあるらしいですが、将来的には自分で任意のサービスのプロフィールを吸い出せるようになるらしいです。

yamaoka本でつながる

yamaoka_camp200703
yamaoka_camp200703 posted by (C)フォト蔵

ISBNを登録するとAmazonからその本のデータを吸い出して表示してくれます。同じ趣味をもつ人同士がつなげることができます。

ブレストでは「読み終わった本をランダムで送りつけて布教するってどうよ?」と言う意見もありました。実現できたら面白いですね。

honda写真を分解してリンクをつなげる

before
IMG_0267
IMG_0267 posted by (C)フォトカフェ
after
honda_camp200703
honda_camp200703 posted by (C)フォト蔵


フォト蔵APIを使ったスクリーンセーバー。ランダムでフォト蔵の写真を取ってきてRGBをピックアップし、似たような色合いの小さなサムネイルで置き換えてピクセル画を作るサービスです。

将来的には、タグ分類などで、置き換えられるサムネイルが元画像と関連したテーマになると面白いと思います。ぜひ完成させてフォト蔵のサービスとしてリリースして欲しいです。

emoto遺伝的アルゴリズムを用いたシミュレーション

emoto_camp200703
emoto_camp200703 posted by (C)フォト蔵

フィールド上には毒キノコと通常キノコがあります。最初配置されているキャラクターは何も知らない状態です。その状態から何度か世代交代をし、学んでいって最後には毒キノコを避けるキャラクターが現れだします。

難しいアルゴリズムを使っているらしく、ぜひ今度勉強会で披露していただきたいと思いました。

MODブログの更新頻度をランキング化

mod_camp200703
mod_camp200703 posted by (C)フォト蔵

現在どのBlogが頻繁に更新しているかが人目で分かるサービスです。ブレストではさらに「コメント数やトラックバック数などもチェックして、そのBlogの盛り上がりをはかれたら面白いね。」という話が出てました。

matsumotoアドベンチャーゲームエンジン

matsumoto_camp200703
matsumoto_camp200703 posted by (C)フォト蔵

アドベンチャーゲームを作るツールを作ってみました。ただ作るだけでは面白くないので弊社のCEOとCTOの出会いを再現してみたいと思いました。

しかし僕は二人の出会いについて何も知らないので想像で作ってみました。今度のみに行ったときに二人の出会いについて詳しく聞いてみたいと思いました。

以上で終了とさせていただきます。次の開発合宿の報告をお楽しみに。