unoh.github.com

【書評】フューチャリスト宣言 梅田望夫/茂木健一郎

2007-05-08 10:28:40 +0000

こんにちわ、江本です。

良き本との出会いは、最高の友人との巡り会いに等しいと言いますが、
僕が巡り会えて本当に良かったと思ういくつかの書籍の中に
梅田望夫さんの「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」
茂木健一郎さんの「脳とクオリア―なぜ脳に心が生まれるのか」
の2冊があります。

今、WEBの世界で起こっている大変動を快活に述べている「ウェブ進化論」
を読んで、僕はプログラミングの勉強を始めました。

かつての偉人達が挑んで止まなかった心脳問題に対して、
己が確実に信ずる物を基にして大胆に切り込んでいく「脳とクオリア」
を読んで、僕は物理と脳科学の勉強も始めました。

こうして僕は、一度も会ったことの無い梅田さんと茂木さんに、
最高の書を通して情熱を突き動かされたのです。

その二人の対談誌「フューチャリスト宣言」が
出たというのだから、読まないわけにはいきません。



この本は、これからの世界が歩む道筋に関して、
二人がそれぞれの視点を交えながら非常に明快に述べている本です。

しかし、僕はその"明快さ"を、
単に"楽観的"という言葉で表すことを好みません。

彼らの瞳には、紛れも無く明るい未来が移っていますが、
決して、単に明るい未来を待ち望んでいるだけではありません。
彼らは自分の"意思"を持って、明るい未来を"創り出そう"としています。

その真っ直ぐな意思こそが彼らの本質だと感じます。



「フューチャリスト宣言」は、
そんな二人が全力疾走して作り上げられた風のようなものです。

読者は、WEBを伝って彼らに触れた者は、
その風に後押しされ、その風に乗って走り出し、
そうして彼らを通じて走りだした人々が創りだす新しい風が重なって、
想像も出来ないような楽しい未来を届けてくれるでしょう。


Let's Enjoy Our Future !!


補足:書籍中にURLが出てきたサイトを纏めておきます。
My Life Between Silicon Valley and Japan
茂木健一郎 クオリア日記
Creative Commons Japan - クリエイティブ・コモンズ・ジャパン
CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド
My Life Between Silicon Valley and Japan - The Economics of Abundance
青空文庫 Aozora Bunko
The Qualia Journal


フューチャリスト宣言
梅田 望夫 茂木 健一郎
筑摩書房 (2007/05/08)
売り上げランキング: 47