unoh.github.com

symfonyのテストフレームワーク「lime」

2007-10-29 13:03:05 +0000

yukiです。

今回はpluginその2をお休みしてsymfonyのテストフレームワークであるlimeをさわりだけご紹介します。
symfonyではlimeという独自のテストフレームワークが用意されていますが、以前採用されていたSimpleTestでの解説が多く
まだまだ日本語で説明のあるサイトは少ないのが現状です。
そんなsymfonyのlimeについて、ほんの少しですがご紹介します。

limeはsymfonyプロジェクト作成時、プロジェクトルートディレクトリにtestディレクトリが作成されます。
myproject
 |
 +--test
     |
     +--- bootstrap
     |
     +--- functional
     |      |
     |      +---- hogeActons.php
     |
     +--- unit
上記のように、init-moduleで作成したモジュール用テストがfunctionalへ、ユニットテスト用コードはunit以下へ配置されます。(bootstrapはlime読み込みなどの初期設定を行うphpがあります。)
unit以下へ○○Test.phpと書くと、以下のコマンドでテストが開始されます。
例) hogeTest.php

symfony test-unit hoge
また、
symfony test-unit
このように対象とするテストを指定しない場合、unitディレクトリ以下の**Test.phpが順に自動的に実行されます。
テストする場合、どうしても面倒なのがパラメータの指定ですが、symfonyのポリシーに従ってYAMLで設定することもできるので、とても重宝しています。

例として、暗号化を行った際のテストです。

<?php

// encryptTest.php

defined('SF_APP')         || define('SF_APP',         'myapp');
defined('SF_ENVIRONMENT') || define('SF_ENVIRONMENT', 'test');
defined('SF_DEBUG')       || define('SF_DEBUG',       true);

require_once(dirname(__FILE__).'/../bootstrap/unit.php');

// テスト数を設定
$t = new lime_test(7, new lime_output_color());
$t->diag('Hoge::encrypt()');

// 暗号化クラス
class Hoge
{
    public static function encrypt($src)
    {
        return md5((string)$src);
    }
}

// 空クラス
class a
{
    public function b()
    {
    }
}

$a = new a;

$t->can_ok(new Hoge, 'encrypt', 'Hogeオブジェクトのencryptメソッドは利用可能');
$t->is(Hoge::encrypt('a'), md5('a'), '暗号化アルゴリズムはMD5を使用');
$t->like(Hoge::encrypt('a'), '/^[a-f\d]{32}$/', 'MD5後は32文字の16進数');
$t->is(Hoge::encrypt(array(1)), md5((string)array(1)), '配列を渡した場合は型変換される');
$t->is(Hoge::encrypt($a), md5((string)$a), 'オブジェクトを渡した場合は型変換される');
$t->is(Hoge::encrypt(''), md5((string)''), '空文字列を渡しても大丈夫');
$t->is(Hoge::encrypt(false), md5((string)''), 'boolのfalseを渡しても空文字列にキャストされる');
出力は以下のようになります。
% symfony test-unit encrypt
1..7
# Hoge::encrypt()
ok 1 - Hogeオブジェクトのencryptメソッドは利用可能
ok 2 - 暗号化アルゴリズムはMD5を使用
ok 3 - MD5後は32文字の16進数
ok 4 - 配列を渡した場合は型変換される
ok 5 - オブジェクトを渡した場合は型変換される
ok 6 - 空文字列を渡しても大丈夫
ok 7 - boolのfalseを渡しても空文字列にキャストされる
 Looks like everything went fine.
次回はもう少し掘り下げてlimeをご紹介します。