unoh.github.com

cobbler 2.0.3 サーバ構築で気をつけること(1.6 系との差分など)

2010-05-11 02:16:37 +0000

こんにちは。kyagi です。今回は 2 月にリリースされた cobbler 2.0.3 のサーバ構築にあたり気をつけることをご紹介します。1.6 系から切り替える方の参考になれば幸いです。

構築手順は 1.6 系とほぼ同様ですが、sudo cobbler check の時点で 2 点ほど見慣れないメッセージが表示されましたのでその対処を含めて以下に展開します。

- 専用のローダのインストールが必要になりました。対処としては sudo cobbler get-loaders すれば OK です。

$ sudo cobbler check
(...snip...)
3 : some network boot-loaders are missing from /var/lib/cobbler/loaders, you may run 'cobbler
get-loaders' to download them, or, if you only want to handle x86/x86_64 netbooting, you may 
ensure that you have installed a *recent* version of the syslinux package installed and can ignore 
this message entirely.  Files in this directory, should you want to support all architectures, should 
include pxelinux.0, menu.c32, elilo.efi, and yaboot. The 'cobbler get-loaders' command is the 
easiest way to resolve these requirements.
(...snip...)


- /etc/xinetd.d/rsync の修正が必要になりました。対処としては cobbler check の指示通りに /etc/xinetd.d/rsync を編集すれば OK です。

$ sudo cobbler check
(...snip...)
5 : change 'disable' to 'no' in /etc/xinetd.d/rsync
(...snip...)


また、1.6 系から dhcp.template をそのまま流用している場合 cobbler sync で失敗することがあります。対処としては /etc/cobbler/dhcp.template の以下の 3 行を削除すれば OK です。問題の詳細は このページ の 「Despite we were not using OMAPI ...」付近をご覧ください。

#if $omapi_enabled
 omapi-port $omapi_port;
#end if


以上です。